« Fate/Zero Vol,2-王たちの狂宴-感想 | トップページ | スレイヤーズメモリアルDVDが届いた。 »

十年後にも、一緒に笑ってお茶を飲もう。

少女革命ウテナの放映開始から今日でちょうど十年経ちました。
当時リアルタイムで見ていたんですが、
今でも初回の放送は忘れられません。
少女漫画みたいなキャラクター、舞台装置のように現実味のない背景、
シーザーの不気味な音楽。
何もかも異質で、当時小学生だった私には正直な話、
おもしろさがよくわかりませんでした。ただ決闘シーンが好きだったし、
何か惹かれるものがあったので、数回見逃しながらも最後まで見ました。
けどやっぱりわからなかった。
どうしてああいう結末を迎えたのか理解できないまま、                       それさえも忘れました。
それから大学生になり、ふとウテナを思い出して、
DVDをレンタルしました。
一気に見ました。
凄かった。傑作だった。どうして今まで忘れていたのかと思うくらいに。
言葉一つ一つに針が入っているかのように胸に突き刺さる脚本、
細かいところにまで神経の行き届いた演出、
優雅だけどどこか物悲しい音楽、                                  作品を構成するあらゆる要素が奇跡のように結集した作品です。
スタッフの誰が欠けても、少女革命ウテナという作品はできなかったでしょう。
97年というタイミングも良かった。
当時はエヴァブームにつられて、
登場人物の内面に踏み込むアニメ(いわゆる難解なアニメ)が                増えつつあったし、表現の規制も今ほどきつくなかった。
96年だと早すぎて、98年だったら遅すぎた。そういう気がします。

終わって十年経つのに未だに消化できない作品です。
見るたびに、発見があり、疑問を投げかけてくる。
以前2ちゃんのウテナスレに
「かつて寺山は「私は偉大な思想などではなく、
偉大な質問になりたい」と言った。
ウテナって、まさに「偉大な質問」と言える作品だよね。」
というレスがあって、まさしくその通りだなと思いました。

最終回の一番最後に
「あなたにこの薔薇が届きますように」
というテロップが出たとき、震えました。
最後の最後にこれを持ってくるスタッフの粋な心意気に感動したし、
私はちゃんと薔薇を受け取れたのだろうかと                           真面目に考え込んでしまいました。
また十年経っても好きでいたいなぁと思わせてくれるアニメです。

« Fate/Zero Vol,2-王たちの狂宴-感想 | トップページ | スレイヤーズメモリアルDVDが届いた。 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。イチヰと申します。

4月2日が何の日であるか、そして2007年という年がどういう意味なのか、ご存知の方に出会えて嬉しく思っております(笑)。
ウテナは、奇跡の様な作品でしたね。本当に、あのタイミングでしか成立し得なかったように思えます。ウテナの前には勿論、後にも先ずこのような作品はもう出てこないのでしょう。
私にとって、まさに特別な体験でした。

寺山の話も出てくる辺り、コアなファンとお見受けいたしました(笑)。
ウテナの影響で、寺山の映画を沢山観たものです。
丁度、1999年が寺山の17回忌という事で、映画館で上映会が開かれたりしていたのです。フィルムが劣化してきていて、最後の上映になるだろうと言われている作品もありました。
1999年といえば、劇場版『アドゥレセンス黙示録』が公開された年ですよね。何やら運命を感じました(笑)。

オタクって、流行に敏感なタイプの人間が多いですよね。ベクトルの方向が一般人と異なるだけで(苦笑)。こう言っては何ですが、次から次へと乗り換えていきますよね、アニメ作品とか。
かく言う私も最近ではコードギアスだルルーシュだと言っていますが(笑)。
しかし、ウテナだけは、特別なんです。
正直、あれから10年経って、未だファンでいてくれる人がいるというだけでもとても嬉しいです。
私は勿論、当時から10年後もファンでいるだろうと思っていたし、今から10年後もファンでいると思います。10年先の自分なんて、想像できませんが。っていうか、当時十代の私は、幾原監督のように「二十歳まで生きると思っていなかった」ので、何やら言っている事が矛盾もしていますが(苦笑)。

初めてなのに長々とすみません(汗)。
あれから10年経ったことを記念して、ウテナ専用のブログを開設したので、宜しければお越しください。

一緒に笑ってお茶でも飲みませんか(笑)

>イチヰさん
コメントありがとうございます。
こちらこそはじめまして、18と申します。
長いだなんてとんでもない!読み応えがあって、
何度も「そうそう!」とうなずきながら読みました。
ウテナは別格ですよね。何年経っても色褪せないというか。
まあ、こういうこと言ってるから、
外の世界に行けないのかもしれないですけど(笑)
ブログ拝見させていただきました。1話はまだ顔見せというか、
本領発揮できてないですよね。私も本格的にスイッチ入ったのが
「見果てぬ樹里」だったんですけど、
それはともかく、
今後の各話のレビュー楽しみにしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Fate/Zero Vol,2-王たちの狂宴-感想 | トップページ | スレイヤーズメモリアルDVDが届いた。 »