« 私を期待させた責任とってもらうんだから | トップページ | 08春 アニメ初回感想まとめ »

ソウルイーター #1 感想

今期の本命その2「ソウルイーター」の感想です
わからない方のために、
めずらしく簡単なあらすじをつけてるのでよかったらご覧になってください。

あらすじをちょろっというと、
武器職人の女の子マカが、鎌に変身できる男の子ソウルイーターと組んで、
99個の鬼神の卵の魂と1個の魔女の魂を集めて、
ソウルイーターをデスサイズにしよう!というお話です。
漫画本編はいまそれどころじゃないんですけど、
今のところ、そういう話です。

まずはOPから。歌はレボレボ。
背景動画すげええええええ!
入江さんの一人原画らしい。
気合入ってるな!

そんなわけで本編へ。
二人は現時点で鬼神の卵のの魂を98個持っています。
あと少しでデスサイズになれる!というところで二人は
鬼神の卵、切り裂きジャックを見つけます。
切り裂きジャックとの戦い
のっけからずっと中村豊さんのターン。
見た瞬間、それとわかりました。
すげえ。あんな殺陣思いつかないよ!
ぶつかった時のエフェクトと四角い破片が独特。
最近カウボーイビバップを見てるんですけど、
あのうまいメンツの中でも、頭抜けてうまいですねー。
これで十年前って、どんだけなんだよ!
この超絶バトルで視聴者を引きこむのは、導入としてうまいなと思いました。

放送開始から10分くらいたってようやくタイトルが出ました。
これまた凝ったタイトルです。

本編に戻ります。

切り裂きジャックを倒したおかげで、
あとは魔女の魂を狩るだけだという感じになったんですけど、
1話目にしてそんなうまい話があるはずもなく、
お色気攻撃や魔法をかいくぐって
やっと魔女を倒したのはいいものの、
実は魔女じゃなくて猫だったんだニャー!というしょうもないオチでした。
らんまっぽい。

EDはED職人の鈴木典光さんによるコンテ・演出・原画。
えー要するに全部です。
爆発いいなー!マカが落ちてくる所がうまい。

------------------------------------------
先に結論を言うと、
ソウルイーターたまんね。
レイアウト決まってるし、
ここぞというところで、いいアクションorエフェクトが来る。
アニメーションの快楽がつまってますね。
視聴継続決定。

コンテは監督の五十嵐さん。
同ポジションや漫符や魚眼を
駆使した非常に五十嵐さんらしいコンテでした。
しつこいけど、レイアウトがほんとにかっこいい!!
東映時代から大好きな演出家で、
コンテ・演出をやってる回は必ず見るようにしてました。

(90年代最強の演出アニメ「少女革命ウテナ」に変名で参加してますが、
イクニ監督がハードルあげまくったおかげで
某カツヨさんが10円ハゲになったり、
各演出・コンテは死ぬるような思いをしたそうです。
その甲斐もあってか、その時の演出はみんな今は監督クラスの方々ばかりです。
その一種演出家のバトルロイヤルともいえる状況のなかで
飛びぬけて好きだったのが、五十嵐さんとカツヨさんでした。
目立ってたからねー。カンタレラの回が特にいい。)

声優の話ですが、死神様が小山力也なのに吹いた。
ジャック・バウアーがあんなコミカルな演技するなんてびっくりだよ!!
主役の声優が棒という意見が多数を占めてますが、
私の場合、何回もトレイラーを見てるうちに気にならなくなりました。
ていうか、この子の声不思議な味わいがあるんだよなぁ。いいよ。
回数を重ねて、どのくらい成長するか楽しみです。応援しています。

ソウルイーターは月曜の6時に1回。
深夜にさらに映像をプラスしたバージョンを
「ソウルイーター・レイトショー」と題してもう1回放送するようです。
テレ東だと、木曜の深夜。
気が向いたら見てみてください。
おすすめっす。

« 私を期待させた責任とってもらうんだから | トップページ | 08春 アニメ初回感想まとめ »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私を期待させた責任とってもらうんだから | トップページ | 08春 アニメ初回感想まとめ »