« ソウルイーター #1 感想 | トップページ | 劇場版『空の境界』 原画集 レビュー »

08春 アニメ初回感想まとめ

ギアスとかソウルイーターのテンションで毎回感想書いてたら
持たないので、残りの各作品は数行感想にします。
順不同です。特に良かったものは◎。あとは普通かダメかです。

◎チーズスイートホーム
早朝の3分アニメ。90年代のみかん絵日記に続く、
00年代最強のぬこアニメ。超お勧め。癒される。
わたしこれのおかげで早起きするようになった。
チーかわいいよチー。Yahoo動画で見られます。
原作からして猫をよく観察してるんでしょうが、
原作をよく読みこんでるのが伝わってきます。
押し付けがましい感じがしなくて、さらっと見られる。
朝にぴったり。

●紅
一刻館かと見まごうおんぼろアパートに住む孤児の少年が
ハーレムしながら幼女と同棲するボディガードもの。どこのエロゲ?
紫がかわいいけど、話が昼ドラのごとくどろどろしすぎてて何がなにやら。
原作の絵とはかけ離れてるけど、動かしやすそうないいデザイン。
アニメーターが素で書くタッチに近い。
着物とか後れ毛とか服のしわとか、こだわりを感じる。フェチっぽい。
主人公が真九郎だからって声優が(ローゼンの)真紅なのは、
なんかのギャグなのか。

◎マクロスフロンティア
「創聖のアクエリオン」のサテライトの新作。
本家マクロスは見たことない軟弱者ですが、
「SFで地球から巣立った移民船団で外敵が来るぞー」といういかにも80年代ノリの話。
主人公がバルキリーに乗るあたりで終わってたけど、
世界観や主人公が感じてる閉塞感を手際よく説明してて入りやすかった。
マクロス25周年を記念した作品だけあってパチンコでがっつり稼いだのか
映像作品としての仕上がりも上々だった。ゴージャス。
アクエリオンのメカCGもすごかったけど、さらに磨きがかかってた。
このままだと手書きメカが負ける日がくるかもしれない。
坂本真綾のOPがやたら耳に残る。

◎ドルアーガの塔
主人公の妄想回。
ファンタジーのテンプレートを一通りやっておちょくるという、
えー、一事で言うと「ソードマスターガトウ
思っていたよりライトな1話だった。
ロトの勇者っぽい兜、「俺結婚するんだ…」の死亡フラグ連発、
ザクっぽいダークナイト、ニコニコ風味の字幕など小ネタがたくさん。
会話のテンションもボケで笑いを取る賀東っぽい脚本だった。
終盤、いきなり山下調になって吹いたw 作画ギャグか。

●あまつき
えー、今期4人目の福山です(たぶん)
福山出すぎ。必ず福山がいるよ。売れっ子やなー。
でもごめん。コメントが思い浮かばないくらい普通だった。
古橋一浩が監督なのは幕末ものだからなのか(ヒント:るろ剣)

●BLASSREITER
何この親父アニメ(CV:石塚運昇)
のっけから女っ気ゼロ。バイク。ミサイル。拳銃。漢祭りのニトロ節全開。
そもそも新作に希望膨らませて見た一話のタイトルが「絶望の始まり」ってどうなのよ。
足がダメになったり女に捨てられたりの鬱展開。
それが(シリーズ構成)虚淵クオリティ。
つか、主人公はゲルトじゃなくて、黒い悪魔憑きのお兄ちゃんだよね…?一応。
キャラがもろに、にしーデザインだった。ニアーラ(みたいな人)がまた悪そうだな!
しかしデモンベインのアニメを見る限り、
にしーデザインは真似するのが難しそうなので、顔が崩れるかも。
デモニアック同士のバトルやバイクシーンとかCGで動かしてた。
マクロスFに比べると、見劣りはするけど、こっちの方が見てて爽快感はある。
やりたいことに技術が追いついてない感じがする。伸びしろはまだありそう。

×モノクロームファクター
中二病はギアスでたくさんなんだよ!
男同士でキスしてた\(^o^)/
もう見ません。
スレイヤーズのキャラデザをやる宮田さんが1話の作監をやるというので
見たけど、
Photo

◎RD潜脳調査室
また電脳か。
海に潜ってる最中に事故ったダイバーが、
目を覚ましたら50年後ってどんないじめですか。
キャラクターのフォルムがやたら生々しい。
アバンの船が揺れて人がよろめくところとかワイヤーが食い込む腕とか、
最後の全裸とかうまかった。
最近低調な印象のあるIGで、こんなにいい作画が拝めるなんておもわなかったので、
眼福だった。
古橋一浩があまつきとRDの監督を兼任してることに気づいた。どんだけー!

●秘密
清水玲子原作のアニメ。
捜査のために死んだ人の脳味噌をスキャンする
通称“第九”と呼ばれる一課の話。
脳に秘められた悲喜こもごもがドラマの中心。
話は非常に面白い。落とし所もよかった。

◎フタコイ オルタナティブ
再放送。始めて見た。
ufotableは昔から無茶してたのねという話。
作画のテンション高すぎ。白濁自重。メンツが豪華。

感想は以上です。
残るは図書館戦争と純情ロマンチカ。できるかなー…

久しぶりにREBORNを見たら、ランチアを鈴木真仁(チャチャ)が
やってて死ぬほど驚いた上に、めちゃくちゃうまくなってた。
これが十年の歳月か…
あと感想書きながらBLEACH流し見してたら、
過去最高の作画回なんじゃないかと思うくらいよくて、
感想ほっぽりだして見入ったりしてました。

« ソウルイーター #1 感想 | トップページ | 劇場版『空の境界』 原画集 レビュー »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソウルイーター #1 感想 | トップページ | 劇場版『空の境界』 原画集 レビュー »