« スレイヤーズREVOLUTION 第13話 感想 | トップページ | 11年目のお茶会 »

【2008秋】これで来期のアニメ録画はオールコンプだぜ

●ガンダム00
http://www.gundam00.net/
大人刹っちゃんとアレルヤがむちゃむちゃ
かっこええ00セカンドシーズンです。
ギアスの予告の後のCM見ると超燃える。
今んとこガンダムの中では一番好きなガンダムかも。
刹っちゃんと隊長がいればあと10年戦えます。
メカのデザインもファーストシーズンに比べ
線が減ったようなので、動きの面でも少し期待。

●鉄のラインバレル
http://www.linebarrels.jp/
秋から始まる新アニメでは一番期待してます。
時間もかけてスタッフもいい人集めてるみたいだし、
なにより崖っぷちのGONZOが本気で社運かけてるっぽい
キャラデの平井久司が種以前よりのテイストに戻した
感じがするのでそういう意味でも楽しみ。

●夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~
http://www.tbs.co.jp/anime/yozakura/
松尾衝監督作品。
紅がむちゃくちゃよかったので。
期待してます。

●かんなぎ
http://www.nagisama-fc.com/anime/
ナギ様ファンクラブ会員なので。ささやかな特典が気になる。
三間カケルって誰!?
ヤマカン途中で降板しないでね!

●テイルズ オブ ジ アビス
http://www.tv-toa.jp/
ガイとジェイドがいればいい。
結界師をやってたサンライズ1スタがやるっぽいので
地味に期待。あの長い話をどう納めるか楽しみ。

●喰霊-零-
http://www.ga-rei.jp/top.html
あおきえい監督作品。
空鍋の人と言えば通じる人には通じるらしい。
空の境界「俯瞰風景」がすごく好みだったので、
どういう絵作りをしてくるかなーとわくわくしてます。

●屍姫-赫-
http://www.starchild.co.jp/special/shikabanehime/
GAINAX制作。
久保田誓さんと貞方希久子さんの
共同&初キャラデ。
公式HP見たら、タイトルのおどろおどろしさとはうってかわって
ときかけっぽいさわやか路線のキャラで吹いた。
ゾンビ屋れい子みたいな話かな。

●とある魔術の禁書目録
http://project-index.net/
刊行ペースが爆速の中二病ライトノベル原作。
漫画版読んだけど、幻想殺しとはまた恥ずかしい…!
だいぶ前から作ってるっぽいので、一話ぐらい見ておこうかと。

●とらどら!
http://www.starchild.co.jp/special/toradora/
ラブラブでコメコメなライトノベル原作。既読です。
大河が釘宮とかドストライクな…!
竜児の母ちゃんのやっちゃんが大原さやかさんなので、
あのぐでぐでぶりを演じきってくれるはずと期待。
竜児が幸せになりますように。
それにしても今秋のJCは電撃が多いなぁ。

●純情ロマンチカ2
http://suzukisan.info/index2.html
一期が思ってたよりずっとよかった。
なんも考えずいちゃいちゃしてるのを見ますよっと。
ヒロさんは世界一かわいいと思います。

●黒執事
http://www.kuroshitsuji.tv/
あくまでひつじですから(噛んだ)
エマ並みに19世紀イギリスの気品をそのまま再現してくれたら
A-1を見直す。

追記:
●魍魎の匣
http://www.ntv.co.jp/mouryou/
京極夏彦妖怪シリーズ2作目「魍魎の匣」のアニメ版です。
私の場合「鉄鼠の檻」で止まってるけど、「魍魎の匣」は傑作です。
おぞましい。
キャラ原案CLAMP、キャラデザ西田亜沙子。
西田さんの端正な画にCLAMPは案外相性がいいかもしれないなぁ。
京極堂、木場修は妥当だけど、
関口、榎木津が(笑)
西田さんはヴァンパイア騎士もあるし、大変だろうなぁ。

余力があれば「今日の5の2」も見ます。
ボンズの「亡念のザムド」は是非見たかったんだけど
PS3限定配信でくじけた。

« スレイヤーズREVOLUTION 第13話 感想 | トップページ | 11年目のお茶会 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233041/24049224

この記事へのトラックバック一覧です: 【2008秋】これで来期のアニメ録画はオールコンプだぜ:

« スレイヤーズREVOLUTION 第13話 感想 | トップページ | 11年目のお茶会 »