« ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 破 オリジナルサウンドトラック、来宅 | トップページ | 化物語ED4についてメモ »

サマーウォーズな長い一日

昨日はサマーウォーズに関する様々なところを巡ってきました!

まず、お昼に立ち寄ったところが吉祥寺の「スパ吉」
パスタ屋さんです。
3年前の細田監督の人生相談の時、おすすめの食べ物屋さんはどこですか?
というような質問があったと思うんですが、
その時におススメしてくれたお店のうちのひとつでした。
*参考リンク
アニスタイベント「細田守の人生相談」(時をかける少女公式ブログより)

そんなにパスタ好きなんかい!というぐらい嬉しそうに話してたのが
印象的で、一度は行ってみようということで行ってきました。

Pic090719_01

行ってみるともう8人ぐらいお客さんが並んでました。
人気あるって聞いてたけど、すごいなー。
隣が魚屋さんなので、忘れたころに時折、
魚屋さんの匂いが漂ってくる中待つこと20分近く、
ようやく席に着けました。

看板メニューがミートソースだということで、
卵、揚げナス、納豆のトッピングの全部乗せと、
シーザーサラダを注文。

Pic090719_03  Pic090719_02

つーか、納豆?!正気?
ホントに納豆(ひきわり)がのってるのを出されて、ビビル私。
おそるおそる口に運んでみると、これが意外とイケル!
じっくり十何時間も煮込まれたというミートソースは
うまみたっぷりのしっかりしたお味で、ボリュームがあります。
納豆の粘りがそれを一層引き立てます。
においはそんなにきになりませんでした。
生麺のパスタを食べるのは初めてでしたが、小麦の香りがして、
モチモチ歯ごたえがあってすごくおいしい!

ハイここまで、気分をおいしんぼ方面に切り替えてお送りしました。
トッピングが総じてコッテリ系なので、お腹一杯になって、
夜まで残る感じになりました。ごちそうさまでした。

次は吉祥寺パルコに行って
サマーウォーズプレミアムショップ」に行きました。

*参考リンク*
サマーウォーズ×PARCO CITYプレミアムショップ通販(サマーウォーズNEWSブログより)
サマーウォーズショップ、オープンしました!(サマーウォーズ公式ブログより)
パルコ オンラインと吉祥寺に「サマーウォーズ」公式ショップオープン(アニメ!アニメ!より)

参考リンクの方が詳しくて様子がよくわかるので詳細は
そっちを見てもらうとして、私は仮ケンジとキング・カズマのストラップと
クリアファイルを買いました。

Pic090719_04

さっそくストラップ付けてみました。かわいいです。
展示は西田さんの原画があって大興奮でしたわーい!
仮ケンジのほかに、
キング・カズマがビルに挟まれてるところと
ラブマシーンを見上げて慄然とするキング・カズマがありました。
他にもアニメーターに参考用に配られたという青山さんの作監修正集も
あったりして、眼福でした。

その後はネットカフェで少し休んだ後、
池袋に向かい、友達と合流して夕飯を食べたあと、
新文芸坐のオールナイトへ

Pic090719_05

Pic090719_06

上映した映画は
「時をかける少女」
「ユンカース・カム・ヒア」
「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」の三本。うーん、濃い。
三本とも東映アニメーションを出た後に作った映画という
共通点があるんだとか。言われてみれば確かにそうですね。

トークショーも、小黒さん、細田さん、佐藤さんとメンツも濃ければ
話も濃くてすごく面白かった。
おすそ分け程度に掻い摘んで内容に触れると、
・細田さんがユンカース大好き過ぎて、
トークの2/3くらいユンカースの話。
・最初の方の主人公のひろみちゃんが足をクロスしながら
お母さんと電話をするあたりを見て、
「この人たちほんとにいるよ!」と感動したんだとか。
・佐藤さんによると、ここは田辺修さんが担当されたんだそう。
・佐藤さんが時かけについて「バランスがいい」とおっしゃってました。
その間細田さんが恐縮してるのがおもしろかったw

でも個人的にはなんといっても、
小黒さんがウテナの放送が終わってしばらくした後
「(橋本カツヨさんが)樹璃は今頃どうしてるんだろう…」って言ってたって
ばらしちゃったところが一番おかしかったです。
ホントに樹璃がお好きですね!
お話をしてくださったお三方、ありがとうございました。

トークショーが終わった後は、三作の上映へ。
三作とも不世出の傑作ですが、中でも「ユンカース・カム・ヒア」は子供のころ、
NHKのBSで放送されたことがあって、古本新之輔がユンカースの声で、
下校シーンとハンバーガーやけ食いしてるシーンは覚えてましたが
他はほとんど覚えてなかったので、非常に楽しみにしていました。

セーラームーンとかおバカなの作ったかと思えば、
こういうの作っちゃうんだからすごいよなと
改めてわかるサトジュンの幅広さにシャッポを脱ぎました。
トークショーの話の中に、芝居の方向性として、
「リアルじゃないけど、リアルだと感じさせる」ものを目指した
とおっしゃってましたが、それはある程度達成されてるように思いました。
丁寧さに満ちたこんな作品はもう二度と出てこないかもしれない。
奇跡が詰まった作品だと思います。

ユンカースは初めてみるお客さんも多かったらしく、
お手伝いの文江さんが居候のお兄ちゃんに彼女がいることが
わかってガーンってなってるシーンで会場が沸きかえってました。

オールナイトが終わった後は同行したお友達と朝マックして
駅で別れて家路に着きました。
疲れたけど、充実した一日ですごく楽しかったです。

追記(09/08/21)

Scshot090821_2

http://s-wars.jp/blog/2009/08/post_69.html#more
言及されたあとの検索フレーズランキングの様子。

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 破 オリジナルサウンドトラック、来宅 | トップページ | 化物語ED4についてメモ »

細田守監督作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233041/30624694

この記事へのトラックバック一覧です: サマーウォーズな長い一日:

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 破 オリジナルサウンドトラック、来宅 | トップページ | 化物語ED4についてメモ »